添付できない大容量ファイルはオンラインストレージで共有しよう

- スポンサーサイト -

メールで資料を添付しようと思ったのですが、容量が大きすぎて添付できませんでした。よい方法はありませんか?
添付して送信できるファイルサイズはメールサーバーによって異なりますが大容量ファイルを直接添付することはできません。
そのためオンラインストレージサービスやファイル転送システムを利用してファイルを共有する方法がおすすめです。

- スポンサーサイト -

オンラインストレージとは

オンラインストレージとはインターネット上にファイルを保存できるサービスです。
多くの企業がオンラインストレージサービスを提供しています。
複数人やPC→スマートフォン間など異なるデバイス間でのデータの共有もスムーズです。

Windows 10 のメールアプリで大容量ファイルを添付する

ファイル容量制限

Windows 10 のメールアプリでそのまま大容量ファイルを添付しようとすると

このファイルは大きすぎて、添付ファイルとして送信できません。送信できる最大ファイルサイズは33MBです。OneDriveで共有してみてください。

と表示され添付できません。


URLを共有

ここではOneDriveを使ったファイル共有方法をご紹介します。
オンラインストレージにアップロードしたファイルのURLをメールに記載してメールを送信します。


ファイルの受け取り

メールを受け取った相手はURLへアクセスすることでファイルをダウンロードすることができます。

オンラインストレージの紹介

アップロードできるファイルサイズはオンラインストレージによって異なります。
またパスワード設定や権限の割当などもオンラインストレージによってできるサービスとできないサービスが存在します。
用途に応じて最適なサービスを選択しましょう。

OneDrive

OneDrive

Microsoftが提供するオンラインストレージサービス。
Microsoftのアカウントがあれば誰でも利用することができます。

無料で5 GBまで利用できます。
Office 365 SoloのOneDrive のプレミアム機能なら1 TB(1,000 GB)まで利用することが可能で、共有リンクに有効期限を付けることもできます。

共有リンクのURL例https://1drv.ms/f/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

参考https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

Google Drive

google drive

Googleが提供するオンラインストレージサービス。
Googleのアカウントがあれば誰でも利用することができます。

無料で15 GBまで利用できます。
Google ドキュメントやGoogle スプレッドシートなどGoogleが提供しているサービスを利用して共同編集できる点も優秀です。

共有リンクのURL例https://drive.google.com/open?id=XXXXXXXXXXXXXXXXX

参考https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

Dropbox

Dropbox

Dropbox, Inc.が提供するオンラインストレージサービス。
無料で2GBまで利用することができます。

有料プランならファイルを閲覧したユーザーとコメントしたユーザーを確認や共有するファイル、フォルダ、リンクの表示やアクセスとダウンロードの許可を管理することも可能です。

共有リンクのURL例https://www.dropbox.com/s/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

参考https://www.dropbox.com/

【PR】パソコンサポート

会員制パソコンサポートでは月額324円でさまざまなサポートを受けることが可能です。
データ保護修理・データバックアップ・ウイルス診断/駆除・インターネットトラブル・起動不良トラブル・動作不良トラブル・ハードディスク(HDD)修理・etc...

会員制パソコンサポート(外部サイト)