iCloudのメール設定方法(2 ファクタ認証&App用パスワードを生成)

- スポンサーサイト -

Windows10でiCloudのメール設定方法がわかりません。
iCloud(-@icloud.com)のメール設定は「メール」アプリのアカウント追加より設定可能です。
iCloudメールをWindows10の「メール」アプリに設定するには事前にApple IDのセキュリティ設定で2 ファクタ認証を有効にし、App用パスワードを生成する必要があります。

- スポンサーサイト -

Apple IDの2ファクタ認証

2ファクタ認証(二段階認証)を有効にするにはiPhoneやMacなどから設定する必要があります。
今回はiPhoneからの設定方法です。

メールアカウントの追加

Apple ID情報

設定からApple ID情報をクリックします。


パスワードとセキュリティ

パスワードとセキュリティを選択します。


2ファクタ認証を有効にする

デフォルトでは2ファクタ認証はオフになっているので2ファクタ認証を有効にするをクリックします。


iPhone用パスワード

iPhone用パスワードを設定していない場合は設定するよう求められるので数字6桁のパスワードを設定します。


電話番号の確認

パスワードを設定後、2ファクタ認証を有効にするを再度クリックすると電話番号の確認画面を進めると2ファクタ認証が有効となります。

App用パスワードを生成

App用パスワードの生成はパソコンからApple IDの管理画面から発行できます。

パスワードの発行

パスワードを生成

Apple IDの管理画面へアクセスし、セキュリティの項目からパスワードを生成を選択します。
URLhttps://appleid.apple.com/account/manage


ラベルの作成

続いてパスワードのラベルを設定します。
Windows10メール用などわかりやすい名前にしておくと便利です。


App用パスワード

App用パスワードが表示されます。
アルファベット4文字×4の16文字です。
例)abcd-efgh-ijkl-mnop

以上でApp用パスワード生成完了です。
忘れないようコピーしてメモ帳などで保存しておきましょう。

iCloudメールの設定方法

メールアカウント追加画面までの流れは
「Windows 10」メールの設定・アカウント追加方法をご確認ください。

iCloudアカウントの追加

icloud追加

以下の項目を入力します。

  • メールアドレス
    • ***@icloud.comのアドレスです
  • この名前を使用してメッセージを送信
    • 相手に表示される名前です
  • パスワード
    • 上記で発行したApp用パスワードです

※通常利用するApple ID / パスワードではありません。


icloud完了

以上でセットアップ完了です。

【PR】パソコンサポート

会員制パソコンサポートでは月額324円でさまざまなサポートを受けることが可能です。
データ保護修理・データバックアップ・ウイルス診断/駆除・インターネットトラブル・起動不良トラブル・動作不良トラブル・ハードディスク(HDD)修理・etc...

会員制パソコンサポート(外部サイト)