Windows 10 の仮想プリンター『Microsoft Print to PDF』でPDF変換

Tagged:

- スポンサーサイト -

Windows10のパソコンを使用しています。
エクセルで作成した資料をPDFファイルに変換したいのですがおすすめのソフトはありますか?
できれば無料のソフトがいいのですが。。
Adobe社のAcrobatが一番おすすめではありますが有償のため、Windows10の標準機能でMicrosoft Print to PDFはいかがでしょうか?
Microsoft Print to PDFは仮想プリンターと呼ばれる機能で、印刷のプリンター選択でMicrosoft Print to PDFを選択することで対象ファイルをPDF変換することが可能です。

- スポンサーサイト -

仮想プリンターとは

仮想プリンターとは、ネットワーク環境だけで認識できる擬似的(仮想)プリンターです。 仮想プリンターでは、印刷同様に部数や余白調整、サイズ指定といったオプション設定も可能です。

Microsoft Print to PDF でPDF変換

エクセルファイルを例として説明します。

印刷設定

印刷画面のプリンターでMicrosoft Print to PDFを選択します。

  1. Microsoft Print to PDFを選択
  2. 印刷を実行

ファイル保存

印刷を実行すると名前を付けて保存画面になるので、ファイル名を入力し保存します。


PDFファイルを確認

実際にPDF変換したファイルを確認してみましょう。

以上でPDF変換は完了です。

エクセルファイルを例としてあげましたが、ワードやパワーポイント、テキストファイルなど印刷機能があるファイルであればMicrosoft Print to PDFを実行することが可能です。
エクセルやワード、パワーポイントといったファイルは対応した有償ソフトがインストールされていないと閲覧できませんが、PDFファイルであれば誰でもAdobe Acrobat Readerを無償でインストールできるため、編集を必要としないファイルであればPDFファイルに変換したほうがよいでしょう。
【PR】パソコンサポート

会員制パソコンサポートでは月額324円でさまざまなサポートを受けることが可能です。
データ保護修理・データバックアップ・ウイルス診断/駆除・インターネットトラブル・起動不良トラブル・動作不良トラブル・ハードディスク(HDD)修理・etc...

会員制パソコンサポート(外部サイト)