Windows10「復元ポイントの作成」システムの保護を有効にする

- スポンサーサイト -

Windows10のパソコンでシステムを復元したいのですが復元ポイントはどうやって作成するのでしょうか?
復元ポイントを作成するには、まずシステムの保護を有効にする必要があります。
システムの保護を有効にすることによって手動・自動で復元ポイントの作成が可能となります。

- スポンサーサイト -

復元ポイントを作成するには

システムの保護が無効な状態では復元ポイントの作成やシステムの復元はできません。
まずはシステムのプロパティからシステムの保護を有効にします。

作成した復元ポイントはシステムの復元から復元できます。
参考Windows10「システムの復元」復元ポイントの状態に戻す方法

システムの保護を有効にする

復元ポイントの作成

まずはシステムの保護を有効にするため下記手順で設定保護画面を開きます。

  1. 検索ボックスで復元ポイントの作成と入力して検索
  2. 復元ポイントの作成(コントロールパネル)をクリック

設定構成

保護設定でCドライブの保護が無効となっている場合は、Cドライブを選択した状態で構成をクリックします。


システムの保護を有効にする

以下手順でシステムの保護を有効にします。

  1. システムの保護を有効にするにチェック
  2. 適用をクリック
  3. OKをクリック

システムの保護が有効

Cドライブの保護設定が有効となっていればOKです。

復元ポイントを手動で作成する

復元ポイントの作成

保護が有効すると定期的に復元ポイントが自動的に作成されます。
手動で作成したい場合は構成の下にある作成をクリックします。


復元ポイントの説明

復元ポイントの識別に役立つ説明を入力します。
日付は自動的に追加されるので、それ以外の自身でわかりやすい説明を記入しましょう。


復元ポイント作成中

復元ポイントが作成されます。
しばらく操作せずに待ちましょう。


復元ポイント作成完了

復元ポイントは正常に作成されました。
と表示されれば復元ポイントの作成は完了です。


復元ポイントの確認

復元ポイントが正常に作成されたか確認してみましょう。
システムの復元を開くと先程作成した復元ポイントが手動として追加されています。

【PR】パソコンサポート

会員制パソコンサポートでは月額324円でさまざまなサポートを受けることが可能です。
データ保護修理・データバックアップ・ウイルス診断/駆除・インターネットトラブル・起動不良トラブル・動作不良トラブル・ハードディスク(HDD)修理・etc...

会員制パソコンサポート(外部サイト)