「Windows10」ストレージセンサーを有効にして自動的に空き容量を増やす

- スポンサーサイト -

Windows10のパソコンを使っているのですが一時ファイルやごみ箱を定期的に削除するオススメのソフトなどはありますか?
Windows10には別途ソフトをインストールしなくても「ストレージセンサー」という機能があり、有効にすることで一時ファイルやごみ箱の中身など、不要なファイルを自動的に削除し空き容量を増やすことができます。

- スポンサーサイト -

ストレージセンサーを有効にする

ストレージセンサーはWindowsの設定 > ストレージから変更可能です。
デフォルトではオフになっているので、オンにして自動的に空き容量を増やしましょう。

Windowsの設定からストレージセンサーを設定

システムを選択

Windowsの設定からシステムを開きます。


夜間モード

システム画面を開いたらストレージ >  ストレージセンサーオンに変更します。
基本的にオンにしておけばディスク空き領域が少なくなると自動的にストレージセンサーが実行します。

詳しい設定は空き領域を増やす方法を変更するを選択します。


ストレージセンサー詳細設定

空き領域を増やす方法を変更するメニューからは以下の項目を設定できます。

  1. ストレージセンサー
     ‥ストレージセンサーをオン(有効)オフ(無効)に切り替えます。
  2. 一時ファイル
    ・マイアプリで使用されていない一時ファイルを削除します
    ・30日間以上ごみ箱にあったファイルを削除します
    ・30日間変更されていないダウンロードフォルダーのファイルを削除します
     ‥これらはデフォルトでチェックが入っています。基本的に不要な一時ファイルなのでチェックを入れたままで問題ありません。
  3. 今すぐ空き領域を増やす
    Windowsの以前のバージョンを削除しますか?
     ‥以前のバージョに戻すつもりがなければ削除しても問題ありません。
  4. 今すぐクリーンアップ
     ‥上記で設定した項目を今すぐに実行します。
【PR】パソコンサポート

会員制パソコンサポートでは月額324円でさまざまなサポートを受けることが可能です。
データ保護修理・データバックアップ・ウイルス診断/駆除・インターネットトラブル・起動不良トラブル・動作不良トラブル・ハードディスク(HDD)修理・etc...

会員制パソコンサポート(外部サイト)