Windows10コントロールパネルの場所はどこ?とても簡単な開き方

- スポンサーサイト -

Windows10のパソコンでコントロールパネルの開き方がわかりません。
Windows10ではコントロールパネルを開く方法がいくつかあります。
コントロールパネルを直接開くショートカットキーは割り当てられていませんがデスクトップにショートカットを作成したりピン留めしたりすることは可能です。

- スポンサーサイト -

コントロールパネルを開く方法

コントロールパネルは将来的に設定アプリに集約される予定のようで、以前は[icon name=”windows” class=”” unprefixed_class=””]+「x」メニューに表示されていましたが現在は設定に変更されています。

この方法以外にもコントロールパネルを開く方法はいくつもあるのでご自身にあった開き方を覚えておくと良いでしょう。

スタートメニューアプリ一覧から開く

アプリ一覧から表示

一番わかりやすいコントロールパネルの開き方はスタートメニューのアプリ一覧から遷移するものです。
スタートメニューのアプリ一覧 > Windowsシステムツール > コントロールパネル

 

検索ボックスから検索して開く

検索ボックスから検索

検索ボックスにコントロールパネルと入力して最も一致する検索結果からコントロールパネルを選択します。
わかりやすい開き方ですが毎回検索するのは面倒かもしれません。

ファイル名を指定して実行からの開き方

ファイル名を指定して実行

以下の流れでファイル名を指定して実行を開きます

  1. スタートボタン上でマウスの右クリック
  2. メニューからファイル名を指定して実行を選択

「control」と入力する

「ファイル名を指定して実行」の名前入力フォームに

control

と入力してOKをクリックで完了です。

Windows PowerShallからの開き方

Windows PowerShall

以下の流れでWindows PowerShallを開きます

  1. スタートボタン上でマウスの右クリック
  2. メニューからWindows PowerShall(管理者)を選択

Windows PowerShall control

Windows PowerShallを開いたら

control

と入力してEnterキーをクリックで完了です。

デスクトップアイコンにコントロールパネルを追加する

個人用設定

Windowsの設定から個人用設定を選択


デスクトップアイコンの設定

個人用設定メニューからテーマを選択し、関連項目のデスクトップアイコンの設定を開きます。


デスクトップアイコン

デスクトップアイコンの設定を開いたら

  1. コントロールパネルにチェックを入れる
  2. 適用をクリック
  3. OKをクリック

デスクトップにコントロールパネル

デスクトップにコントロールパネルのアイコンが追加されるのでクリックして開きます。

タスクバーにピン留めする

タスクバーにピン留め

コントロールパネルを上記いずれかの方法で開いた状態で、タスクバーにあるコントロールパネルのアイコンを右クリックします。

メニューからタスクバーにピン留めするを選択します。


タスクバー

 タスクバーにコントロールパネルのアイコンがピン留めされます。
次回以降はこのアイコンをクリックするだけでコントロールパネルを開くことができます。

どんな開き方がオススメかは、コントロールパネルを使う頻度によって異なります。
あまりコントロールパネルを使わないようであれば、アプリ一覧や検索から開く方法で問題ありません。
使う頻度が高い場合はデスクトップアイコンやタスクバーにピン留めがオススメです。
【PR】パソコンサポート

会員制パソコンサポートでは月額324円でさまざまなサポートを受けることが可能です。
データ保護修理・データバックアップ・ウイルス診断/駆除・インターネットトラブル・起動不良トラブル・動作不良トラブル・ハードディスク(HDD)修理・etc...

会員制パソコンサポート(外部サイト)