スクリーンセーバーの設定方法[Windows 10]

- スポンサーサイト -

Windows10のパソコンで焼き付き防止のためスクリーンセーバーを設定したいのですが方法がわかりません。
まずはじめに現在主流の液晶モニターを使っている場合、焼き付きの心配はありませんので焼き付き防止のためにスクリーンセイバーを設定する必要はありません。
離席の際のプライバシー保護やのぞき見防止としてスクリーンセーバー設定することは有効ですが、スクリーンタイムアウト(ディスプレイの電源オフ)を推奨します。

- スポンサーサイト -

スクリーンセーバーの設定

スクリーンセーバーの表示設定はWindowsの設定から変更可能です。
テキスト設定や待ち時間の設定なども変更できます。

スクリーンセーバー設定

Windowsの設定から個人用設定を選択します。


個人用設定を開いたらサイドメニューからロック画面を選択します。
スクロールするとスクリーンセーバー設定をクリックします。



スクリーンセーバーの表示内容を以下から選択します。

  • なし
  • 3Dテキスト
  • バブル
  • ブランク
  • ラインアート
  • リボン
  • 写真

3Dテキストを選択した場合は、さらにテキストの内容やフォント、解像度やサイズ、アニメーションまで細かく設定することが可能です。

スクリーンセーバーから再開時にログイン画面を表示する

スクリーンセーバーを解除した際に、ログオン(ログイン)画面を表示させたい場合は
再開時にログオン画面に戻る
にチェックを入れ、待ち時間を設定します。
※事前にユーザーアカウントにパスワードを設定しておく必要があります。

【PR】パソコンサポート

会員制パソコンサポートでは月額324円でさまざまなサポートを受けることが可能です。
データ保護修理・データバックアップ・ウイルス診断/駆除・インターネットトラブル・起動不良トラブル・動作不良トラブル・ハードディスク(HDD)修理・etc...

会員制パソコンサポート(外部サイト)