【効果的!】パソコンの起動が遅い時は不要アプリのスタートアップを無効にする

- スポンサーサイト -

Windows10パソコンを使っているのですが、いつの間にか起動に時間がかかって遅くなってしまいました。以前はサクサク起動して動いていたのですが。。
パソコンは起動時に複数のアプリケーションが立ち上がります。
実際には使用していないアプリケーションも多数あるケースも多いので不要なアプリはタスクマネージャーのスタートアップで確認し無効にしましょう。

- スポンサーサイト -

実は使っていないアプリも起動していた!?

アプリケーションをインストールすると自動的にスタートアップに追加されるアプリがあります。
この場合、アプリケーションを使わなくてもパソコン起動時にアプリケーションが立ち上がりタスクトレイ常駐化しているのです。

不要なアプリケーションのスタートアップを無効にする

タスクマネージャー

まずはタスクマネージャーを開きます。

  1. スタートボタン上でマウスの右クリック
  2. メニューからタスクマネージャーを選択

スタートアップ無効

タスクマネージャーを起動したら使っていないアプリを選択し無効にします。

  1. スタートアップタブを選択
  2. 状態が有効なのに使っていないアプリを選択
  3. 無効にするを選択

以上で不要なアプリケーションのスタートアップを無効化は完了です。

スタートアップに登録されているアプリケーションの中には重要なアプリケーションも存在します。
過去に自身でインストールし、現在は使っていないとわかっているもののみ無効にしましょう。
【PR】パソコンサポート

会員制パソコンサポートでは月額324円でさまざまなサポートを受けることが可能です。
データ保護修理・データバックアップ・ウイルス診断/駆除・インターネットトラブル・起動不良トラブル・動作不良トラブル・ハードディスク(HDD)修理・etc...

会員制パソコンサポート(外部サイト)